近視の予防

2012年03月29日

近視の予防

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)

近視の1番の予防は目に疲れを溜めないことです。

具体的にはテレビやパソコンなど近くの物を見る時は、なるべく離れて見るようにしたり、1時間に1度は1〜2分でも遠くを見るようにしたりです。

極端に言えば近くの物を見ないようにするのが1番なのですが、テレビやパソコンなどが身近にある現代で、そのような行為は不可能に近いでしょう。

学校の教室や会社のオフィス内にいて、あまり遠くを見ることができないという方は、目の周りを軽く揉みほぐすだけでも疲れを取ることができますわーい(嬉しい顔)

もちろん、単純に目をつぶったり、目薬をさすだけでも構いません。

また、暗いところで本を読むと視力が落ちるとよく言われますが、暗いところで近くの物を見ようとすると、目に必要以上の力が入り疲れやすくなります

その為、暗いところでテレビや本などを見ないようにしたり、部屋を適切な明るさ(400〜500ルクス)に保つというのも、近視の予防に繋がります。

基本的には、どれも少し気を付ければ、出来るような予防法ですね。

そもそも、何で疲れを溜めるといけないのか?と言うと、目にある毛様体筋という筋肉を疲れさせてしまうと、遠くが見えづらくなる場合があるからです。

この毛様体筋という筋肉はピント調整をする役割があるのですが、疲れが溜まるとこり固まってしまい、正常にピント調整ができなくなってしまいますふらふら

これは一時的ですぐに治ることもありますが、人によっては慢性化してしまうこともあり、慢性化してしまうと「近視になってしまう」という訳です。

僕は小さい頃、暗いところで本を読んだりテレビを見たり、ゲームをしたりと目を酷使することが多かったですが、それが原因で近視になってしまいました。

ですので、目に疲れを溜めないというのは近視の予防になる訳ですね。

他にも近視予防の方法として「食事で予防する」というのもあります。

主に目に良いとされている成分は「DHA」「ビタミンA」「アントシアニン」であり、これらの成分を積極的に取ると目の疲れをほぐすことができます。

これらの成分が入った主な食べ物は、魚介類だとウナギにアナゴ、肉類だとレバー全般、野菜だとカボチャやニンジンなどの、「緑黄色野菜」全般です。

どの食材も基本的には普通のスーパーで簡単に買えますので、近視の予防をしたいと考えている方は、食事での予防も取り入れてみて下さい。

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 視力回復ゆうじ at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。