遠視の症状

2012年03月31日

遠視の症状

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)

遠視の症状は遠視の度合いによって異なります。

軽度の遠視でしたら近くも遠くも問題なく見えますが、中度の遠視になると近くの物がぼやけて見え、強度の遠視になると近くも遠くもぼやけて見えますどんっ(衝撃)

よく遠視と言うと、近視と逆で「遠くの物がハッキリ見えて、近くの物がぼやけて見える」と思っている方が多いですが、一概にそういう訳ではありません。

また、軽度や中度の遠視であっても、加齢に伴う目(ピントの調整力)の衰えによって、今まで見えていた物が徐々にぼやけて見えてくることはあります

それ以外に「自然と遠視が悪化する」ということは基本的にはありません。

遠視の弊害としては、1番に挙げられるのは「疲れやすい」という点です。

人間の目は近くの物を見る時にピント調整をする筋肉が働きますが、遠視になると、遠くを見た時も筋肉が働いてしまい、目が異常に疲れやすくなります。

簡単に言えば、目の筋肉が常に働きっぱなしになるということですねふらふら

これは軽度の遠視であれ、強度の遠視であれ疲れやすいのは変わりません。

その為、目の疲れからくる肩こりや頭痛などになりやすくなり、幼い子供の場合は何を見ても疲れるせいで、極端に飽きっぽい性格になる傾向があります。

他にも目の筋肉を常に酷使しているせいで、ピントの調整力が衰えやすくなってしまい、「通常よりも早く老眼を自覚しやすくなる」という弊害もあります。

たまに「老眼になるのが早くなる」という話もありますが、単純に自覚をするのが早くなるだけで、決して老眼になるのが早くなる訳ではありませんexclamation

さらに強度の遠視の場合は「弱視になりやすい」というのもあります。

いわゆる「遠視性弱視」というものですが、これになってしまうと、メガネやコンタクトレンズをした状態でも、視力がロクに矯正されなくなってしまいます。

遠視性弱視は目の成長段階でなるものであり、なってしまうと非常に厄介ですので、4〜5歳ぐらいの小児の強度遠視は十分気を付けなければいけません。

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 視力回復ゆうじ at 17:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。