遠視の治療

2012年04月01日

遠視の治療

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)

遠視の治療で最も一般的なのはメガネの利用です。

遠視は主に目の成長不足が原因なのですが、遠視の度合いに合った遠視治療用のメガネを装着することによって、目の成長を補助することができます。

これは簡単に説明をすると、メガネを通してピントが合っている映像を脳に覚えさえて、視覚に関する脳の部分を活性化されるというメカニズムですねわーい(嬉しい顔)

また、遠視治療用メガネは遠視の治療ができるだけではなく、強度の遠視の場合に発症する可能性の高い、「遠視性弱視」の予防もすることができます

ただし、この治療で効果があるのは、目が成長しきっていない8歳前後までの小児のみであり、大人がこの治療を行ってもほとんど効果はありません

この治療法は完全に「子供の遠視の治療法」になります。

なお、遠視治療用メガネは小児が遠視と診断された場合に、高確率でメガネ治療を勧められますので、医師の指示に従えば簡単に作ることができます。

人によっては、「視能訓練」というのを勧められることもありますが、これは主に弱視の回復が目的であり、遠視そのものを治療するものではありません。

特に弱視じゃなくても、遠視性弱視の予防で勧められることもあります。

他に遠視の治療法として有効なのが、「レーシック手術」です。

レーシックでしたら大人でも治療することが可能ですが、多くのクリニックは18歳、または20歳未満の子供だと、手術を受けることができませんふらふら

この治療法はメガネ治療とは逆に、「大人の遠視の治療法」となります。

手術を受けられる年齢でも、遠視の度合いによっては受けられない場合がありますが、その場合は「フェイキックIOL」という他の治療法もあります。

フェイキックIOLというのは、角膜の下にコンタクトレンズのようなものを挿入する手術であり、レーシックのようなレーザーで手術するものではありません。

レーシックとフェイキックIOLと、どちらが良いかは人によって異なりますので、自身にとってどちらが良いかは専門医に一度相談をしてみて下さい。

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 視力回復ゆうじ at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。