老眼の回復

2012年04月14日

老眼の回復

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)

老眼の回復方は大きく2つあります。

1つは「トレーニング」であり、もう1つは「手術」です。

■ トレーニングで老眼回復

老眼の原因の1つとして「毛様体筋の衰え」がありますが、「トレーニングによって毛様体筋を活性化させよう!」というのが、この治療の目的です。

老化を止めるには運動がいいとよく言いますが、それと似ていますねわーい(嬉しい顔)

トレーニングの仕方は非常に簡単!

近くのモノと遠くのモノを交互に3秒づつ見るという単純なものです。

例えば目の前に指先を置いて、指先を3秒見たら、次は外にある看板の文字を3秒見るなど、これを2〜3分繰り返し、1日3〜4セットやって下さいexclamation

眼鏡やコンタクトレンズを付けている方は、付けたままでも構いません。

毛様体筋は近くを見る時と、遠くのモノを見る時で、まったく異なる動きをしますので、近くと遠くを繰り返し見ることよって、鍛えることができます。

それが結果的に、「毛様体筋の活性化」につながるというわけですねわーい(嬉しい顔)

注意点としては、簡単なトレーニングではありますが、やってみると意外に疲れるトレーニングですので、やり過ぎには気を付けるようにして下さい。

あんまり負担を掛け過ぎると、今度は近視の原因になってしまいます

他にも最近は「マジカルアイ」など、老眼が回復するという本も多く売られていますが、これらも毛様体筋の活性化を目的としているのは変わりません。

楽しみながらトレーニングしたいという方にはオススメのグッズです。

■ 手術で老眼回復

まず、老眼は通常のレーシックで治すことはできません

治すには「モノビジョンレーシック」「CK(伝導性角膜形成術)」と言われる手術を行う必要があり、最も老眼の回復に向いているのはCKになります

CKというのは、レーザーやメスを使用せずに、高周波を使用して行う手術であり、通常のレーシックのように、角膜を削るような手術でもありません。

その為、合併症の発生率などは、レーシックよりも遥かに低い治療法です。

成功率は98%以上と言われており、手術に掛かる時間はたった3分だけexclamation

成功すれば術後すぐ〜1週間程度で老眼が改善されますので、トレーニングで地道に回復していくよりも、手っ取り早く回復できる治療法だと言えますね。

ただ、デメリットもあり、CKは近くが見えづらいなど、老眼の症状を緩和するだけの手術ですので、手術から数年後、再び見えづらくなる可能性があります

この手術を受けたからといって、老眼を完全に治せる訳ではありませんふらふら

人によっては光の見え方がおかしくなったり、乱視になることもありますので、CKを受けようと思っている方は、よく考えてから受けるようにして下さい。

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 視力回復ゆうじ at 19:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。