老眼の矯正

2012年04月15日

老眼の矯正

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)

老眼用の矯正具と言えば、やはり「老眼鏡」です。

最近は100円ショップでも買えるほど手軽な物となりましたねわーい(嬉しい顔)

どうせ買うなら安い方といい!と思うのが当たり前ですが、100円ショップの老眼鏡は、選べる度数がかなり少ないので、あまりオススメできません。

ダイソーなどの大きなお店に行っても、選べる度数は4種類ぐらいですふらふら

眼鏡を掛けたことのある人ならわかると思いますが、度数の合わない眼鏡を掛けていると、目が疲れるだけでなく、頭痛や目眩も起こることがあります

そうなると、私生活に支障が出るのは言うまでもありませんどんっ(衝撃)

度数が合っていれば100円ショップのでもいいのですが、初めて老眼鏡を買うときは、なるべく眼鏡屋さんに行って、適正眼鏡を作るようにして下さい。

安いところでしたら、1万円もしないで作ることができます

また、老眼に加えて近視もある方は、通常の老眼鏡ではなく「遠近両用眼鏡」というのを使うことで、老眼と近視を同時にフォローすることが可能です。

通常の老眼鏡は、近くのモノが見やすくなるだけの眼鏡ですので、近視の症状である、「遠くが見えづらい」というのを、フォローすることができません。

近視+老眼の方は、眼鏡を買うとき、気を付けるようにして下さいexclamation

ちなみに老眼用のコンタクトレンズはもちろん、遠近両用のコンタクトレンズも販売されていますので、眼鏡とコンタクトレンズと選ぶことができます。

男性はコンタクトレンズよりも眼鏡を好む人が多いですが、女性は眼鏡を掛けると化粧が落ちるなどの理由で、コンタクトレンズを好む人が多いですね。

特に30代以下は男女共にコンタクトレンズを好む傾向があります。

僕も眼鏡とコンタクトレンズを両方使っていましたが、使いやすかったのは圧倒的にコンタクトレンズであり、眼鏡はほとんど使っていませんでした。

ただ、コンタクトレンズは眼鏡以上に目に負担を掛けますので、あまり目に負担を掛けたくないという方は、なるべく眼鏡で矯正するようにして下さい。

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 視力回復ゆうじ at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。