目に良い食べ物

2012年04月21日

目に良い食べ物

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)

目に良い食べ物と言えばブルーベリー。

僕も視力が落ちた時、親にブルーベリーを食えとよく言われていましたexclamation

ブルーベリーにはアントシアニンという成分が含まれており、これは簡単に言えば疲れ目の改善や、アンチエイジング(老眼防止)の効果があります。

たまに「ブルーベリーには視力回復効果がある」と言われることがありますが、単に目の疲れが取れるだけであって、視力が回復することはありません

勘違いしている人は多いと思いますが、これは覚えておいて下さいどんっ(衝撃)

他に目に良いとされる成分は、ビタミンAにビタミンB群、DHAなど。

■ ビタミンA

ビタミンAは夜盲症(とり目)や白内障などの眼病予防、疲れ目の改善に役立つ成分で、レバーやチーズなどの乳製品、緑黄色野菜に多く含まれています。

先に挙げたブルーベリーにも、ビタミンAが多少含まれていますねわーい(嬉しい顔)

これらの食材を使った料理をいくつか挙げるとすれば、アスパラやほうれん草をチーズで焼いたものだったり、レバにら炒めは個人的に好きな料理です。

小さい子供には、かぼちゃプリンなどデザート系がオススメですね。

■ ビタミンB群

ビタミンB群も効果効能はビタミンAとほぼ一緒。

ビタミンB群は筋肉や神経の疲れをやわらげる効果があり、目疲れの改善はもちろんのこと、角膜炎や口内炎などの炎症を予防する効果もあります。

ビタミンB群を多く含む主な食材は、レバーに豚肉、緑黄色野菜、大豆や小豆などの豆類、シイタケやえのきなどのキノコ類、うなぎやシジミなどなど。

レバーや緑黄色野菜はビタミンAも多く含まれていますので、目を健康に保ちたいのでしたら、これらの食材を積極的に摂るのが、大事だと言えますね。

■ DHA

DHAは頭が良くなる成分として一時期ブームにもなりました。

実際にDHAは記憶力低下を防止する効果があるのですが、他にも網膜や目に関する神経といった、目の重要な組織をつくる、貴重な材料にもなります。

その為、視機能が発達段階にある子供にとって、効果的な成分です。

DHAが多く含まれる主な食材は、サンマやカツオ、ウナギなどの魚類

僕が小さい頃は魚の目玉にDHAがあると聞かされていましたが、目玉以外にもDHAは含まれており、イクラやキャビアなどの卵にも含まれています。

注意点として、DHAは視機能の成長を補助するものですので、弱視の予防や改善には繋がりますが、視力自体が良くなることは、ほとんどありません

実際に僕は魚をよく食べる子供でしたが、ずっと近視のままでしたもうやだ〜(悲しい顔)

食べ物によって目の疲れを取ったり眼病予防はできますが、視力を回復させるのは難しいですので、回復させる場合は、本格的な治療が必要になります。

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 視力回復ゆうじ at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。