乱視回復のトレーニング

2013年01月19日

乱視回復のトレーニング

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)

乱視は、先天性と後天性の2種類あります。

先天性のものは、遺伝や、乳幼児期間に肥満傾向が合った場合に引き起こされる場合がもうやだ〜(悲しい顔)

後天性のものは、物が見えにくい時に目を細めたり、逆まつ毛が原因になることが多いのです。

いずれも、角膜や水晶体に負担がかかり、歪んでしまうので乱視が発生するということですね。

乱視は度数が強すぎると、レーシック手術やコンタクトレンズで矯正しきれない可能性もがく〜(落胆した顔)

そこで、簡単にできる乱視の回復トレーニングの手順をご紹介いたしますわーい(嬉しい顔)

このトレーニングは、目を開けたままでも閉じて行ってもOKひらめき

@8の字運動
頭を、フラフラしないように固定して、目だけを8の字に動かします。

あまり早く動かさず、ゆっくりと行ってください。

8の字に動かすといっても、8を横にした形に動かすので、∞の形に動かすことになりますね。

A左右をじっと見る
8の字運動を2、3回行った後、ちょっとキツいかなと思うくらい、左右それぞれ5秒間ずつじっと見ます。

以上のカンタンなトレーニングですが、続けていると乱視が回復するだけでなく、立体視もできるようになるので、3Dの映像が見えやすくなりますわーい(嬉しい顔)

このトレーニングは、座った状態で、コンタクトやメガネを外して行わないと、目を傷つけてしまう可能性がありますので、ご注意ふらふら

また、レーシックを受けた後ですと、矯正しているのを狂わせてしまう可能性があります。

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 視力回復ゆうじ at 19:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。