オルソケラトロジーで視力回復

2013年02月08日

オルソケラトロジーで視力回復

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)

レーシック手術を使用しない視力回復方法の一つに、オルソケラトロジーという方法があります。

主に、近視などの目の屈折異常を治療する方法なのですが……なんと、コンタクトレンズを着用して眠るだけなんですわーい(嬉しい顔)

HCL3.jpg
特殊なカーブの入っているハードタイプのレンズを着用することで、角膜の形を変形させて矯正するので、朝になってコンタクトレンズを外しても視力が持続。

夜眠っている間、ずっとコンタクトをしているなんて大丈夫なの? と心配もご無用です。

酸素透過性のとても高いものを使用するので、目に負担をかけることもありませんグッド(上向き矢印)

一日着用すればすぐに回復するわけではありませんが、毎日着用すれば、だんだん角膜の形も安定してくるので視力が徐々に回復します。

ただ、オルソケラトロジーを利用するには、まずお医者様と相談しなくてはいけません。

コンタクトレンズの種類もハードになるので、目に異物感があると感じやすいこともありますふらふら

まずはテスト向けの専用レンズで、視力が回復するかどうかのおためしがあり、それで回復するようであれば、本格的に治療開始です。

価格はおよそ16〜25万円と病院によってマチマチ。

日頃からコンタクトレンズやメガネを着用しなくてOKになるし、レーザーを当てて角膜を削ったりしないので、その分安心感はありますねわーい(嬉しい顔)

オルソケラトロジーを利用することのメリットとデメリットは、

メリット…レーザーを使用しない手術なので安心、寝ている時にコンタクトを装着するだけでOK

デメリット…管理が不衛生だと炎症を引き起こしたり、角膜を傷つけてしまう場合があり、ハードコンタクトレンズなので慣れるまでに時間がかかる

メリットが大きいとデメリットが大きくなりますが、管理がしっかりできる人なら問題ないでしょう。

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 視力回復ゆうじ at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。