ピンホールメガネで視力回復

2013年04月11日

ピンホールメガネで視力回復

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)

少し変わったメガネを使用して視力回復を図る方法があります。

変わったメガネとは、ピンホールメガネと呼ばれるもの。
pinhole-eye-glasses.gif

これはサングラスやアイマスクのような形を形をしているものが多く、最大の特徴は、穴が開いているということですわーい(嬉しい顔)

この穴があるおかげで、目の筋肉を鍛えることができるんです。

鍛えられる筋肉は、虹彩筋といって、虹彩を調節して目のピントを合わせる働きを担っています。

ピンホールメガネをかけていると、黒い部分と穴の開いた明るい部分を交互に見ることになり、目に入ってくる光の量に変化がグッド(上向き矢印)

これを繰り返すことで、虹彩筋が鍛えられていくメカニズムになっているんですね。

また、ピンホールメガネをかけることで、毛様体筋を休ませることもできます。

目に入ってくる光を屈折させて調整している水晶体眼鏡

普段はこのレンズが頑張っているわけですが、ピンホールメガネはもともと穴が小さいため、入ってくる光がとても細いのです。

そのため、水晶体が調節しなくても、目の奥に光が届くしくみになっているため、水晶体を動かしている毛様体筋が休憩できるんです。

毛様体筋のリラックスは、仮性近視や軽い近視を回復させる手掛かりにもわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

虹彩筋を鍛えて、毛様体筋を休めることができるので、視力回復につながるということなんですね。

私が視力2.0になれた視力回復法はこちらぴかぴか(新しい)
 


posted by 視力回復ゆうじ at 00:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。